キオビエダシャクの幼虫。

自宅のヒトツバの垣根に、大量のキオビエダシャクの幼虫大発生。


去年より今年は本当に多い。


黒にオレンジの線の入った蛾。



1ヶ月前、幼虫発見し、庭師さんに、薬をまいていただいた。


しかしまたまた発生。



薬を買って散布など出来ないので、「フマキラー」などで散布。



すると出てくるは、出てくるは・・・・。



気持ち悪い幼虫。



2日に1本、まいています。


しかし、すごい食欲。



「君たちは、共存共栄できないのかね・・・。」と幼虫に言ってもわからないだろうが、このままでは、垣根が枯れてしまう。



すごい繁殖力、すごい食欲。



どうにかして欲しい・・・。
[PR]

by koudeikaya | 2010-07-15 10:56 | Comments(0)

<< 木のスプーン色々。 イグサ製品。 >>