カテゴリ:未分類( 1198 )

お軸お直し。

お客様のご実家に代々伝わるお軸。

ポロポロだから、捨てようと思っていたんですが…と。

こんなに綺麗になりました。

お直しの過程をパソコンに取り込み、お直し前と後を比較てきます。

誰の作品で、内容も調べてくださいます。

こうして直されたお軸は、またこれから何十年も残すことができます。

皆様のお宅にも眠っているお軸は、ありませんか?

f0162932_19484890.jpg
f0162932_19490526.jpg
f0162932_19492008.jpg
f0162932_19493777.jpg
f0162932_19495677.jpg

[PR]

by koudeikaya | 2017-07-29 19:40 | Comments(0)

月に一度のお香教室。

昨日は、月に一度のお香教室でした。

今月は、防虫香と匂い袋作り。

最近お香作りにハマる男子も増えてきました。
f0162932_09115642.jpg
f0162932_09141079.jpg
来月はお盆もありますので、8月27日に開催されます。
6月好評だった蚊遣り作りをお願いします。
参加されたい方は、ホームページをご覧ください。
f0162932_09264194.jpg

[PR]

by koudeikaya | 2017-07-10 09:08 | Comments(0)

新しく仲間入りの商品。

新しく仲間入りした、棕櫚製品。
紀州和歌山で作られております。
f0162932_12374065.jpg
f0162932_12380230.jpg

[PR]

by koudeikaya | 2017-06-26 12:36 | Comments(0)

宮崎産の銘木の箸。

宮崎に全国でも数少ない銘木をご商売にされている(株)ひなもり銘木さんが、この程端材を使って、お箸を作られました。

今はどれもなかなか手に入れる事の難しい木で作られております。樹齢300年以上の木を、30年かけて自然乾燥させている木材だそうです。

(左)綾欅・・・宮崎県綾町の照葉樹林に生息している。欅の中でも最高級材。今では伐採禁止のため、流通しない材料。

  霧島桧・・・霧島山系の天然桧。国有林のため入手困難。天然の目が細かく美しい材。
  
  栗・・・水にも強く腐りにくい。大径木はあまりなく、数も激減している。

  日向榧・・・囲碁、将棋の盤に使われる木。特に日向産は、「山のダイヤ」と呼ばれるほど、        きめ細かく美しい材料。独特の香り。

  桑・・・生育年数が遅く、貴重な材料の一つ。工芸や楽器の材料として使用される。


  霧島赤松・・・霧島山系の赤松。国有林のため入手困難。上品な赤味で皇居にも使用されてい         る材料。


このような貴重な材料で作られているお箸ですが、お値段はお手ごろ。
プレゼントにいかがですか?
f0162932_13454741.jpg

[PR]

by koudeikaya | 2017-06-25 13:40 | Comments(0)

突然の新版画展!

突然開催される、こう泥草ギャラリー。

なんと今話題の新版画の二大巨匠の作品展。

亡きダイアナ妃も愛した吉田博と、マックの創設者スティーブ・ジョブズがコレクションした川瀬巴水の版画展。

かなり素晴らしい作品が届いております。


7月10日頃までは、展示販売しておりますので、どうぞお越しくださいませ。


f0162932_12103661.jpg
f0162932_12105886.jpg
f0162932_12111230.jpg
f0162932_12112756.jpg

[PR]

by koudeikaya | 2017-06-17 12:05 | Comments(0)

ご先祖の残されたもの。

ご先祖様の残されたお軸。

どんなものか拝見し、そのまま残すもの、綺麗にシミ抜きしてこれから先に残しておくもの、処分するものと分けさせて頂きました。

私では力不足なので、お軸などの専門家に診て頂き、誰の描いたものなのか鑑定をしていただきます。

預かったお軸を壁に掛けてみると、一気に高尚な雰囲気になりますね。

皆さまのお宅にも、眠っていませんか?


f0162932_11592224.jpg
f0162932_11594219.jpg

[PR]

by koudeikaya | 2017-06-07 11:51 | Comments(0)

ダイニングアウト宮崎。

ある日突然2日間だけ行われるイベント、ダイニングアウト。今回私の地元宮崎で行われました。

後にも先にも、これは行かないと後悔すると、強く友に誘われ参加する事となりました。

宮崎の食材を使い一流シェフがお料理を作りいただけるダイニングアウト。

場所は青島、集合時間とシェフの名前とホストの名前しか知らされない。

当日なにがあるのかわからない。

しかし終わってみれば、シンデレラ気分。
夕日も綺麗で、ふるさと宮崎青島がこんなに美しく演出されるとは思いもつかず
夢のようでした。感動の一夜。

f0162932_18400942.jpg
f0162932_18410286.jpg
f0162932_18414139.jpg
f0162932_18422325.jpg
f0162932_18432016.jpg
f0162932_18440629.jpg
f0162932_18444271.jpg
f0162932_18452262.jpg
f0162932_18461081.jpg
f0162932_18483759.jpg

[PR]

by koudeikaya | 2017-06-01 18:29 | Comments(0)

奥会津から手に入れたもの。

お人形工房廻りをしていると、九州ではあまり見ないものを見る機会も多い。

前回分けていただいた奥会津のくり抜きの高膳。

今回も結構ダメージがあるものですが、またそのダメージが素敵と思え無理言って、分けて頂きました。

商品を陳列するのに、役にたちます。

f0162932_11342665.jpg

多分100年は経っているではあろう会津の膳は、韓国の李朝の台に似ているな…と思っています。

形がわくわくするほど大好きです。
f0162932_11370571.jpg

[PR]

by koudeikaya | 2017-05-24 11:27 | Comments(0)

工房巡り、中湯川人形パート2。

さてさて、仙人生活をされておられる青柳さんは、もともと東京人…都会の人だったそうで、世界を放浪して、この山奥に辿りつかれたそうです。
f0162932_19164334.jpg
今回は2度目の訪問だったので、早速作品を見せていただき、これ分けて…いいですよ。これも…それはダメ。
えー欲しい…なら一個だけ、なんて会話したがら作品を見ていると、珍しい異人さんの土人形。
f0162932_19102461.jpg
何故に?と聞くと、近くの古いお墓に外国人の墓が2つあったそうで、これはきっとこの山奥迄に広めるために来た宣教師の方々の墓ではないかとの事。
そんな外国人の方がいらっしゃった事を人形という形で残してあげたいとおっしゃる青柳さんの優しさに感動。

廃村となったこの場所を選び、自給自足の生活をしながら、人が居ないと荒れてしまう土地に生活する青柳さんに沢山のパワーを頂きました。感謝。
f0162932_19244914.jpg

[PR]

by koudeikaya | 2017-05-15 18:51 | Comments(0)

工房巡り。中湯川人形編。

福島の山奥の山奥の場所。
ほぼ自給自足で仙人の様に暮し作品を作る先生。
4年ぶりに訪ねて見た。
初めて行った時は、こんな所には、誰も居ないだろうと不安一杯でしたが、今回は2度目。
相変わらず仙人生活をされておられました。
f0162932_17515554.jpg
工房の中には、マスコットのこらんしょうさぎの暖簾。今から30年前に.最初にこの廃墟の家を開けると、中から野うさぎが飛び出したそう。
f0162932_17562578.jpg
こう泥草と同じ兎のマーク仲間。
先生も私の事、覚えてくださっていて嬉しかった。
f0162932_18004759.jpg
なんとなく笑える招き猫や、来年の干支…、その他諸々を無理やり(笑)分けて頂き、楽しい時間を過ごしました。
f0162932_18035472.jpg
工房の裏手の鳥居も新しくされ、きっとこの場所は、山の神々がいらっしゃる場所だと思える程、気持ち良い気に満ち溢れておりました。
f0162932_17434479.jpg

来年の干支も、製作者に似た不思議な土人形達が入荷予定です。

[PR]

by koudeikaya | 2017-05-14 17:35 | Comments(0)